Vol. 03 まちの自然も学校だ

すみだは、じつは自然がたくさんあること、ご存知ですか?

公園で、思いっきりからだを動かすこと、友だちといっしょに遊ぶこと、虫や動物とふれあうこと、季節を感じること。すべて、子どもたちの成長に欠かせない、だいじな要素。すみだには、水辺の公園や、走り回れるひろ~い公園など、いろんな種類の公園が充実しているんです。

 

「一体、どんな公園があるんだろう?」

「実際に遊びに行ってみよう!」

 

ということで、区内にお住いのTさんファミリーと一緒に、公園めぐりに出かけてきました。

ママ(30代)、長女(小学1年生)、長男(幼稚園年中)、次女(0歳11ヶ月)

※年齢は取材当時

朝いちばんに訪れたのは、東白鬚公園。遊びざかりのお姉ちゃんと弟くん。最初に目についたブランコに、まっすぐ駆けていきました。

すみだで2番目に大きい東白鬚公園は、墨田区の北端、隅田川に沿うように南北に細長く広がっています。テニスコートや小さな野球場があり、シーソーやすべり台などの遊具も充実。走り回って楽しめる広い公園です。

まずは遊具をひとしきり制覇しようと駆け回ります。

朝から元気いっぱいです。

葉っぱ集めに夢中なふたり。

緑がたくさんなのも嬉しいポイント。森に迷い込んでしまったの?と錯覚するくらい。芝生の広場は、ピクニックにもよさそうです。

「黄色の葉っぱに、緑色のシマシマが入っていて、きれいだよ!」

弟くんの発見に、「ほんとだ~」と大人も感心しています。

 

お姉ちゃんは、木の根元に、何かを見つけたみたい。

「見て、ドングリがたくさん落ちていたよ」。

都会の真ん中でドングリ拾いができるなんて…。大人たち、再び感心のようすです。

「ねぇねぇ、ママ。この葉っぱ、何だろう?」。こんな風に、知らない植物や昆虫を見つけては、親子で会話を楽しむ姿が印象的でした。自然にふれ、くすぐられる子どもの好奇心。いまも昔も、変わらないものです。

 

植物にもひとしきりふれ合ったところで、次の行き先の大横川親水公園へ。と、その前に、さいごに遊具で記念撮影。よし、レッツ・ゴー!

大横川親水公園は、長さ1.8kmにおよぶ細なが~い公園です。東京スカイツリーから錦糸町駅付近にかけ、すみだのまちを縦断するかのような園内は5つのゾーンに分かれていて、じゃぶじゃぶ池や釣り堀、ローラーすべり台など、ゾーンごとに違ったおもしろさが。

この日は、水の中に手を入れて遊ぶ程度だったけれど、夏になれば、水の中にじゃぶじゃぶ入って、水遊びを楽しむことができます。

 

お姉ちゃんと弟くんは、あめんぼを探しているみたい。

赤ちゃんも水に興味深々!

至るところに、いろんな形の飛び石が。大胆なお姉ちゃんに比べて、慎重派の弟くん。そっと背中を支える手が、優しいね。

 

水質は、区によって管理されているそう。利用規定は特になく、子どもたちは、水着やオムツで水遊びをするみたい。「夏になったら、みんなで遊びに来たいなぁ」とTさん。暑い夏も乗り切れそう!

長い長いローラーすべり台でも、もれなく楽しみました。何度も何度も往復して、最後はスーパーマンの恰好で。落っこちないように、気をつけてね!

「そろそろ、お疲れモードかな?」との大人の心配をよそに、まだまだ遊び足りない様子のふたり。よし、最後はわんぱく天国で、おもいっきり体を動かして遊ぼう!

わんぱく天国は、押上駅の東に位置する公園。

敷地はそれほど広くありませんが、アスレチックが豊富なのが特徴。ロープスライダーに畑や池、工作室があって、自然とふれあいながら、冒険(?)や工作を楽しむことができます。竹馬や三輪車の貸し出しもあります。

身長よりもうんと高いロープのアスレチック。

これだけ大きいと、子どもたちにとっては、ちょっとした冒険なのかも。

わんぱく広場で、文字通りわんぱくに遊ぶ、疲れ知らずのふたり。

子どもたちが元気いっぱいだと、大人も、自然と元気になってくるから不思議です。(体はけっこう疲れましたが。笑)

妹ちゃんも、お日さまの下でニコニコ。

取材班は、この笑顔に終始デレデレ(笑)。

お姉ちゃんと弟くんは園内の工作室に移動。ボランティアのみなさんの協力で、工作用の材料が、ずらりと並べられています。ドングリや木くず、リボンや毛糸など。無料で工作できるなんて。信じられますか?

工作室に入ったとたん、ふたりの表情は真剣そのものに。

ママに手伝ってもらって、何を作っているのかな?

ん?顔かな?

完成!上手にできたね。

手作りのパチンコを体験した後は、トンネルをくぐって、公園内をぐるりと走り回って、今日の公園めぐりはこれにて終了!

Tさんファミリーのみなさん、一緒に遊んでくれてありがとうございました。めいっぱい楽しんでもらえたでしょうか?大満足の笑顔で手を振るみんなに、最後の最後まで癒された取材班でした。

 

東白鬚公園、大横川親水公園、そして、わんぱく天国。それぞれ違った特徴が魅力的な3つの公園。「この公園では、こんなことしてみたい!」と、思わず大人の私たちも想像がふくらみます。

すみだには、楽しい公園がたくさん。こんどの休みにぜひ遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

今回めぐった公園は、こちら。

東白鬚公園

所在地:墨田区堤通二丁目

電話:03-3614-4467

 

大横川親水公園

吾妻橋三丁目・業平一丁目・東駒形四丁目・横川一丁目・本所四丁目・太平一丁目・石原四丁目・錦糸一丁目・亀沢四丁目・江東橋一丁目・緑四丁目

 

わんぱく天国

所在地:墨田区押上一丁目47番8号

電話:03-3612-1456

ご利用時間:9:00~18:00(4月~9月)、9:00~17:00(10月~3月)

定休日:12月31日~1月4日